あなたは、シミの原因が紫外線だということをご存知ですか?

 

いまや、かなり常識的な事実ですが、僕には、疑問に思うことがあります。

 

それは、「シミができてしまったーーー!!」とショックを受けつつも、UV対策もせず、海やプールサイドで寝転がっている人が多いことです。

 

「日焼け止めを塗らずに紫外線を浴びまくったら、そりゃあシミができるだろうよ」と思いますが、日焼け止めが大切だとわかっていても、何だかんだ理由をつけて塗らない人が多いんですね。

 

それは、ズバリ昔の僕。もし、あなたの肌にまだ目立つシミができていないなら、すぐにUVケアを始められることを心からオススメします。

 

★シミは一度できると増殖が止まりません→→→30代からの日焼けはマジやばい。男性は、未来へのシミ対策を!

シミを薄くしたい男性は、紫外線を意識することから始めましょう

紫外線は、肌にとって相当キケンな存在なんです

シミは気になるけど、UVケアはしない。おまけに、更に日焼けを重ねる日々。昔の僕は、シミと紫外線の関係をあまり理解していなかったので、日焼け止めの必要性すら感じていませんでした。

 

ところで、肌の老化は、何によって引き起こされていると思いますか?実は、紫外線、肌の老化をもたらす原因の80%を占めているんです。

 

紫外線    80%

加齢・その他 20%

 

つまり、UVケアをせずに紫外線を浴びまくると、確実に肌の老化が進みます。

 

シミだけでなく、シワやたるみも確実に増えるので、30代なのに、肌年齢は60代という方も意外と多いかもしれませんよ。

 

★シミの原因は他にもあります→→→メンズのシミを増やさない方法とは?

紫外線 vs. あなたの肌はどっちが強い??

UVケアをせず、強い紫外線を浴び続けて、ヒドイ経験をしたことはありませんか?

 

肌が赤く腫れたり、水ぶくれができたり、痛みを伴うヤケドのような状態になったり・・・

 

紫外線にはとても強い熱エネルギーがあり、肌細胞は簡単に破壊されてしまいます。僕たちの身体は、紫外線によるダメージを少しでも軽くしようと、皮膚に茶色いバリアをまといます。

 

これが、俗に言う日焼けと呼ばれるもので、茶色に見えるのはメラニン色素です。実は、メラニンは、肌を守るためのガード役なんですね。

 

★メラニンは日焼け以外でも増えます→→→詳しく解説!!男のニキビがシミに発展するまで

シミの元となるメラニンは、実は悪者ではありません

紫外線からあなたの肌を守る正義の味方のはずなのに、シミの原因となるために、どうしても悪者にされてしまいがちなメラニン。

 

肌内部でメラニンを作らせないためには、やはり、紫外線を防ぐ以外に方法はありません。

 

紫外線は、人の健康維持に欠かせない存在なので、紫外線の届かない生活を送る・・・なんていうことはオススメしませんが、屋外で直射日光を浴びる可能性がある時は、しっかりとUV対策をして、肌の負担を軽減してあげましょう。

 

★日焼け止め嫌いの僕も抵抗なく使えてます→→→ZIGENの日焼け止めは使いやすい?実際の口コミレビュー

UVケア無しでも紫外線は防げるのか?

UVケアをせずに、肌の日焼けを完全に防ぐ方法を探してみましたが、残念ながらどこにも見当たりませんでした。

 

でも、日焼けのしにくい肌を作ることは可能。キーワードは潤いです。水分が保たれた潤い肌は、紫外線のダメージを軽減してくれるので、結果的に日焼けしにくいといわれています。

 

紫外線を意識することで、UVケアや保湿の大切さが少しでもご理解いただけましたか?30歳を過ぎたら、面倒くささは横に置いておいて、そろそろ真剣にシミ対策と向き合いましょう。