男性と女性の肌で決定的に違うとこって、男性特有の太いヒゲが生えているか生えてないかですよね?

 

もし、顔からヒゲを全て取り除いたなら、男性と女性の肌の質に、

 

もはや差なんて存在しません。

 

テレビのCMとかで、「もち肌〜~~」っていう言葉を聞きますよね。

 

もち肌って、皮膚に水分がしっかりと保たれてて、触った感じがおもちのように柔らかくしっとりしている肌のことを指します。

 

たとえヒゲが生えてる男性でも、肌の水分量を高めれば、もち肌を目指すことは十分可能。

 

じゃあ、どうしたら男性でももち肌を作ることができるんでしょう?

 

★男性の肌にはこんな特性があるんです

↓ ↓ ↓

男性の皮膚はシミができやすいって知ってる?

シミを消したい男性は、もち肌を目指しましょう

もち肌は、シミなし肌の土台を作る?!!

シミを消す方法について知りたいのに、「なんでもち肌?」って疑問に思ってませんか?

 

実は、「もち肌」こそが、シミを消すための最重要キーワードなんです。

 

シミができる主な原因の1つに「乾燥」があります。

 

冬のカラッカラな空気だけじゃなく、夏の冷房とかでも、肌の水分は蒸発してどんどん外に逃げていきます(カムバッ~ク)。

 

肌の乾燥が進むと、皮膚のターンオーバーが乱れて肌荒れやニキビを引き起こすばかりか、

 

シミができやすい肌を作ってしまうんですね。

 

★シミと乾燥を詳しく知りたいならこちらの記事もオススメ

↓ ↓ ↓

男性の肌は乾燥するからシミができるの?

実際に、周りのもち肌を観察してみた感想

なぜ、もち肌だとシミができないのか?

 

それは、肌のターンオーバーが正常に働いているから。

 

年齢を重ねると、ターンオーバーのサイクルは遅くなるけど、一定のサイクルを保つことができてれば、

 

40代になっても50代になってもシミのできない色白の肌をキープすることも夢じゃありません。

 

僕の母と伯母(母の姉)は、2人とも60代だけど、今でもかなりのもち肌です。

 

色白で、見た目も乾燥とは無縁のもっちり肌を保ってて、目立つシミは1つもありません

 

母は、よく乾燥が気になると言ってるものの、保湿は毎日朝晩しっかりしていて、日焼け止めクリームもぬってるから、

 

還暦を超えた今でももち肌を保つことができているのかなと思います。

 

★シミ対策はできることからはじめよう

↓ ↓ ↓

メンズのシミを増やさない方法はコチラ

男性のあなたも、もち肌を目指しましょう

じゃあ、どうすればもち肌を手に入れることができるんでしょうか?

 

それは、保湿を続けることが一番です。

 

★毎日の保湿が超簡単に?!!

↓ ↓ ↓

メンズのシミ予防を楽ちんにする方法とは?

 

母や伯母のスキンケアで共通している点は、保湿力の高さはもちろんですが、肌への浸透力が非常に高い化粧品を使っている点。

 

化粧品を使った時、いつまでも肌に吸収されない化粧水や美容液ってありますよね。

 

肌への浸透力が高い化粧品って、肌につけた瞬間から、肌にグングンと吸収されていく感じがよくわかります。

 

そんな化粧品を使った後に、手のひら全体で肌を押してみると、肌が手のひらに吸い付いてきます。

 

これが、理想の保湿状態であり、もち肌へつながる化粧品といえますね。つまり、もち肌を目指したいなら、

 

  • 保湿力・浸透力が高く
  • 自分の肌に合った

 

化粧品を使い続けることが大切。

 

あなたの肌をもっちもち肌にする相性バツグンの化粧品が見つかりますように!!