乾燥・保湿

男性のシミ・シワ顔を予防したいなら迷わず湿度を意識すべし

男性の「肌のお悩み」ランキングで、1位を占める年代別のお悩みは、

10代、20代 ニキビやニキビ跡
30代 脂性肌
40代、50代 乾燥肌

です。

この結果から、30代までは皮脂が過剰分泌されるため、ベタつきやテカリを気にする男性が多いことがわかります。

しかし、40歳を超えると、多くの男性が乾燥肌というお悩みに直面してます。

肌の乾燥は、シミだけでなく、シワの原因になります。あなたの肌の状態を知って、乾燥対策を始めましょう。

美容に気を配る男性は、常に湿度を気にしています

昔、某歯磨き粉のCMで「芸能人は歯が命」というキャッチコピーが流行りましたね。

アラフォー世代の人はよくご存じかと思います。

でも、芸能人が命と同じくらい大切にしているのは、なにも歯だけじゃありません。

芸能人は、常に人の目にさらされている肌もとても大切にしています。

僕が思うに、芸能人の肌ってキメが細かくて、皮脂の分泌が少ない方が多い気がします。つまり、乾燥肌の人が多いんじゃないかと思うんですね。

ある番組を観ている時に、有名なアラフォー男性タレントさんが、部屋に加湿器を何台も置いているという話をしていました。

理由は、「肌や喉の乾燥が気になるから」だそうですが、周りにいた他の男性俳優さんが、「俺も!」なんて言ってました。

タレントさんは、仕事柄、男性でもメイクをしているから、肌の健康を考えて、湿度管理を徹底しているんだなーと感心しました。

でも、コレって、男性なら誰でも真似できる肌乾燥対策だって思いませんか?

加湿器を置く場所や置き方は?

会社に加湿器があれば別だけど、一般的には、湿度対策は家の中だけになります。

せめて、家にいる間だけでも、湿度をしっかり管理して、肌の乾燥を防ぎましょう。

肌に良いとされている湿度は、60%〜65%と言われてます。湿度は、湿度計でチェックできるから、100均などで湿度計をゲットしてみてください。

加湿器の選び方は、加湿の量が細かく設定できるものがオススメです。

ずっと同じ量だと、湿度が高くなりすぎて、床や寝具がビショビショになってしまう恐れがあるからですね。

加湿器は、リビング寝室に設置しましょう。暖房と併用すると、温かさが保たれやすくなるので節電にもつながります。

加湿器を置く場所は、壁際や窓際は結露を招いてカビを発生させるため、なるべく壁や窓から離して置きましょう

加湿器を置く高さは、床から70〜100センチのところに置くのがベストですよ。

湿度とスキンケアでシミとシワを予防しましょう

部屋の湿度が確保できるようになったら、シミとシワの対策にも力をいれましょう。

洗顔して5分後の、あなたの肌をチェックしてみてください。

おでこ、鼻、頬、目の周り、口の周り、こめかみなど、顔のパーツを指先で押してみて、指先に皮脂がついてこない部分は乾燥してます。

夜の洗顔後、就寝前までに、保湿クリームで乾燥ケアをしましょう。

日中も、乾燥が気になるという方は、保湿クリームだと重すぎてテカリの原因になってしまうから、保湿効果のあるUVクリームや、日中用の化粧水(ミスト)などを使うといいですよ。

乾燥が気になる季節は、湿度対策でシミ・シワを予防しましょう。

テキストのコピーはできません。