保湿

シミが気になるメンズはとにかく保湿だけはしてください

焦げたような細かいシミが、頬骨の高いところに集中してできてる僕。

最近は、頬にできたニキビが「炎症後色素沈着」となって、右頬に存在感を発揮してます・・・。

メンズの肌は、男性ホルモンの影響で皮脂量が多いと言われてるけど、それは若い頃のお話。

アラフォー世代になると、TゾーンやUゾーンは相変わらずテカっているけど、目の周りや頬は乾燥して困っている混合肌の方が多いようです。

最近、僕の肌で、スキンケア後の皮脂量をチェックしてみたところ、目の周り、頬骨の辺り、こめかみの皮脂分泌量が、他の部位に比べて明らかに少ないことに気が付きました。

皮脂量が少ない部分は要注意です

僕は、いつもタオルハンカチを携帯してて、皮脂が気になり始めたら、こまめにふき取ってます。

TゾーンやUゾーンのテカりは気になるけど、目の周り、頬骨の辺り、こめかみは、皮脂が殆ど分泌されておらず、いつも、カサカサの砂漠状態・・・

皮膚の乾燥はシミの原因になると言われてるけど、僕の顔のシミ分布がまさにその事実を証明してます。

TゾーンやUゾーンと比べて、目の周り、頬骨の辺り、こめかみには皮脂腺が少ないため、皮膚の乾燥が進みやすいんですね。

こうした部位には、将来のシミ予備軍が潜んでいると意識して、日々の保湿ケアを徹底していきましょう。

重ね塗りで鉄壁保湿ケア

暑い夏など、皮脂が活発に分泌される季節は、入念な保湿ケアは不要です。

女性に比べて皮脂量の多いメンズは、保湿をしすぎても、ニキビなどの肌トラブルを起こしやすいから、皮脂量や乾燥具合など、あなたの肌と相談しながら保湿ケアを進めてください。

保湿が重要となる季節は、空気が乾燥する秋冬です。

この時期は、皮膚表面から空気中に水分が蒸発してしまうので、きちんと保湿をして、水分を皮膚に閉じ込めてあげる必要があります。

一度、保湿クリームを塗っても、またすぐに乾燥が気になる様なら、保湿クリームを何度かに分けて重ねづけするといいでしょう。

美白ケアと保湿ケアは同時にできるの?

僕は、美白ケアと保湿ケアを毎日行ってます。

美白ケアと保湿ケアを同時にしたいあなたは、僕が実際に行ってるスキンケアを参考にしてみてください。

朝)洗顔→美白オールインワン→皮脂コントロール美容液→UVケア(保湿成分入り)

夜)クレンジング→美白化粧水→皮脂コントロール美容液→美白美容液→保湿クリーム

保湿クリームを塗ってから少し時間が経つと、目の周り、頬骨の辺り、こめかみはカサツキが気になり始めるので、

その時は、寝る前にもう一度、乾燥が気になるところだけに保湿クリームを重ねづけしています。

保湿クリームは、ドラッグストアなどで手に入る安いもので構いません。

大切なのは、肌を乾燥させないこと。

あなたのお肌の乾燥部位を正しく把握して、気になるシミを改善していきましょう。

テキストのコピーはできません。