習慣

お顔が黒ずみ始めたメンズは即刻シミケアをスタートすべし!

30歳を過ぎると、肌のハリやみずみずしさが徐々に失われていきます・・・

このサイトでは、シミの原因として、何度も「紫外線」や「乾燥」を取り上げてきましたが、

最近、老化の原因として、体内で起こる「糖化」が話題になってますね。

「糖化」をわかりやすく表現すると、ホットケーキを焼いた時にできる表面の茶色い部分です。

これは、材料のホットケーキミックスに含まれる糖質、牛乳、卵などのたんぱく質、フライパンに敷いた食用油などの脂質が反応した結果だそうです。

ちまたでは、ふわっふわなパンケーキが流行りだけど、肌の糖化をイメージするなら、家で作った少し固めで焦げたホットケーキをイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

体内での糖化反応はこんな感じです

糖化反応は、体内のタンパク質や脂質が、体内に取り込んだ糖質と結合する化学反応です。

肌に関していえば、皮膚にあるコラーゲン(タンパク質)に糖化反応が起きると、AGEs(終末糖化産物)と呼ばれる硬化変性を伴う物質が産生されるため、お肌が茶褐色に変色して固くなるそう。

糖尿病や高血糖の人は、健康な人に比べてAGEsの量が著しく多くなるから、皮膚の弾力低下や肌のくすみが起きやすく、年齢より老けて見えるそうです。

もし、炭水化物やスイーツが大好きなら、将来のあなたの肌は、シミや黒ずみの悩みどころでじゃなく、

コゲ茶に変色するパンケーキ肌になるかもしれませんよ。

身体の糖化を防ぐためにできること

肌の糖化を防ぐには、まず身体全体の糖化を予防してく必要があります。

糖化が起こるのは、血糖値が上がる食後30分〜1時間以内と言われてて、この時間はAGEsが最もできやすいとされてます。

AGEsの過剰生成を抑えるためには、血糖値の急激な上昇をさけなければなりません。

そのために今すぐできる対策は、

■ 血糖値を急上昇させる早食いを止めること
■ ご飯を食べる順番を意識すること

の2つです。

いつも時間に追われてて早食い必須なら、せめて、ご飯を食べる順番を意識してみましょう。

ごはんを食べる順番は、

  1. 野菜・キノコ類・海藻類(ビタミン・ミネラル)などの食物繊維
  2. お肉やお魚などのタンパク質
  3. お米などの炭水化物

を心がけてみてくださいね。

糖化を意識して美肌を目指そう

シミの予防にせっかく美白ケアを続けても、体内で糖化が起こってしまったら老化対策はすべて水の泡になってしまうかも。

そんな悲しい状況を避けるためにも、糖化を意識した食事方法とあわせてあなたの顔の肌状態を常にチェックしてみましょう。

顔のパンケーキ化のチェック方法は、

■ 肌質が以前と比べて固くなっていないか?
■ 顔の色が、身体の色と比べて大きく変色していないか?

の2つです。

自分ではよくわからない場合は、自分の昔の写真を見たり、家族など周りの人の意見を聞いたりして参考にしてみましょう。

テキストのコピーはできません。