美白

お肌に良いビタミンを賢く摂ってメンズのシミを改善しましょう

美白といえば、ビタミンですよね。

肌に良いとされる代表的な成分と言えばビタミンCだけど、ビタミンには、Cだけでなく、Aとか、B2とか、Dとか、Eとか色々あります。

美肌を保つには、様々な栄養素を食事からバランス良く摂ることが基本なんですが、

栄養士でも無いのに、毎日の栄養とかコントロールできないし、無理っ!」

と思ってしまいます・・・

そこで、シミを予防していくために、取り急ぎ押さえておきたいビタミンの種類、その働き、含まれている食材をサクッとまとめてみましたので、あなたの食生活にお役立てくださいね。

肌に良いとされるビタミンの種類と働き

肌に良いとされるビタミンの種類と働きはこちらです。

ビタミンC(L-アスコルビン酸)

♦ 紫外線によるメラニンの生成を抑制
♦ 沈着したメラニンの無色化
♦ 活性酸素によるお肌の酸化防止
♦ 角質の保湿バランスの保持
♦ コラーゲン生成のサポート

ビタミンB2

♦ 肌の新陳代謝の促進
♦ 肌荒れ防止
♦ 皮脂の抑制

ビタミンB3(ニコチン酸アミド)

♦ 肌荒れ防止
♦ 悪酔い、二日酔いの防止

ビタミンB6

♦ 食品中のたんぱく質からエネルギーを産生
♦ 皮膚の健康維持

ビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)

♦ 肌の潤いや張りを保持
♦ 抗酸化作用の働きで、老化現象、生活習慣病を予防
♦ 血管の健康を保ち、血液の流れをスムース化

ビタミン豊富な食材を押さえよう

各ビタミンの1日の摂取目安量とビタミンを多く含む食材を、食べやすい物をピックアップしてまとめてみました。

ビタミンC(L-アスコルビン酸)

1日の摂取目安量 100mg

♦ キウイ 1個
♦ 柿 1個
♦ イチゴ 大粒4〜5個
♦ ブロッコリー 6〜7個

ビタミンB2

1日の摂取目安量 1.0〜1.2mg

♦ 豚レバー  約1切れ
♦ 牛レバー  約2切れ

ビタミンB3(ニコチン酸アミド)

1日の摂取目安量 13~17mg

♦ 豚レバー  約4切れ
♦ 鶏肉ささみ 155g

ビタミンB6

1日の摂取目安量1.1~1.3mg

♦ 鶏胸肉  123g
♦ 鮭 切り身 約2切れ

ビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)

1日の摂取目安量7〜10mg

♦ アーモンド 約30粒
♦ たらこ  約1腹半
♦ かぼちゃ 大きめのもの約1/4個

★サプリメントで美白成分は摂っちゃダメ??
↓ ↓ ↓
男性のシミはサプリメントで改善できるのか?

ビタミンの吸収率を上げるには?

ビタミンの吸収率は、日々の体調によって左右されます。

ビタミンが不足しがちな時は、一時的に吸収率が高まったり、逆にビタミンが十分足りている時は、余分なビタミンは体外へ排出されたりするそう。

ただし、一緒に摂取する食材によって、ビタミンの吸収率は変動するらしいから、ビタミンを多く含む食材を摂る時は、できるだけ食材を多く使ったメニューを選ぶとGOODです。

なので、食事を摂る際は、人の健康を維持するために必要とされている、

タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの、5大栄養素 に注目してメニューを選んでみましょう。

身体の健康は、肌の健康に直結してます。

ラーメン1杯で済ませてしまいがちなお昼のメニューを、たまには、サラダたっぷりのビタミンランチに変更してみませんか?

テキストのコピーはできません。