乾燥・保湿

男性のシミ取りは洗顔を見直すことから始めるが勝ち!

シミなどの肌トラブルを未然に防ぐには、肌の乾燥を防ぐことが大前提。

日常生活で、肌の乾燥が進むタイミングといえば・・・

  • 洗顔をした後
  • タオルで拭いた時
  • 化粧水をつけた後
  • 冷房や暖房にさらされた時

とかですね。

中でも、肌に必要な油分まで根こそぎ持っていってしまうのが「洗顔」です。

そこで、乾燥を防ぐ洗顔法について、洗顔料の選び方から、泡立て方、洗い方までを詳しく解説していきたいと思います^^。

★洗顔ってとっても大切なんです
↓ ↓ ↓
メンズのシミに洗顔が超絶大切な理由とは?

洗顔料はこうして選ぶと◎です

あなたは、今使ってる洗顔料を、どうやって選びましたか?

テレビやCMなどの雑誌でみた広告を参考にしましたか?

ドラッグストアなどで実物を見て購入しましたか?

家族、友人、ネットなどの口コミをきっかけに選びましたか?

数ある洗顔料の中で、肌に優しい商品を選ぶポイントは「限りなく無添加」と、たったこれだけ。

テレビの地上派とかで大々的に宣伝されているメジャーな洗顔料は、1,000円以内と安く手に入るものの、肌に刺激を与える合成界面活性剤防腐剤人工香料などの添加物が

意外とてんこ盛り・・・

肌トラブルを防ぎたいなら、そうした洗顔料の使用はなるべく避けましょう。

★だから、通販商品がオススメなんです!
↓ ↓ ↓
男のシミは通販で無添加ケアしませんか??

洗顔料の正しい泡立て方

洗顔料を泡立てる時、人間の手できめ細やかな泡を作るって至難の業。もし、手だけでかなり泡立つなら、

添加物が多い洗顔料だと思ってください。

無添加の洗顔料を泡立てるには、ネットが必要です。

ネットは、購入した洗顔料に付属されてたり、100均などでも入手できます。

顔と手を濡らした後、濡らしたネットに洗顔料を適量のせて、クシュクシュと泡立てます。すると、モコモコきめ細やかな泡の完成。

手の平いっぱいに乗るくらいの量が理想的です。泡が足りないなら、洗顔料やお水を加えて更に泡立ててみましょう。

正しい洗顔のしかたとは?

泡が完成したら、濡れた顔にのせていきます。

泡の一つ一つが、顔についた小さな汚れを吸着してくれるから、泡が皮膚のキメに密着するようにくっつけていきます。

そして、やさしーくマッサージします。

皮脂が溜まりやすい眉間や小鼻の周りは、念入りにマッサージしましょう。

マッサージが終わったら、泡をしっかりとすすぎましょう。

洗いあがったら、タオルでゴシゴシこすらず、おさえるようにして水分をふき取りましょう。

「なんだか、まだヌルヌルしてるようで洗い足りない気がするなあ・・・」

と感じるかもしれませんが、洗顔後に皮膚に残ってる皮脂は、肌の健康維持に必要な皮脂だから、全ての皮脂が洗い流されなくても心配いりません。

過度の洗顔は、肌を乾燥させ、皮膚が傷つきやすくなるから、絶対に避けましょう。

洗顔を見直して、新たなシミ消し生活をスタートしましょう!

テキストのコピーはできません。