夏に参加した会社のアウトドアサークル。シェアされてきた写真に映った自分の顔を見たとき、

 

何これ?しょうゆのシミ???

 

想像以上に汚い自分のシミ顔がショックで、その場に固まってしまいました・・・。

僕は、昔からアウトドア好き。今まで紫外線とか無視して遊びまくってきたせいか、30代になって急にシミが増殖・・・

 

最近、年上に見られてばかりだったのはシミのせいだったのか・・・。ヤバい。このままではコゲたパンケーキ顔になってしまう。

 

僕は、早速シミを消す方法をググったのでした。

 

★UVケアは、今からでも間に合います!→→→30代からの日焼けはマジやばい。男性は、未来へのシミ対策を!

メンズ必見!できてしまったシミに「ハイドロキノン」が効果的なワケ

できてしまったシミを消したい!美白化粧品vsしみ取りレーザー治療どっちが狙い目?

できてしまったシミを消すには2つの方法があります。1つは、美白化粧品。もう1つは、しみ取りレーザー治療です。どちらも、できてしまったシミ消しに有効な方法です。

 

ただし、それぞれにメリットとデメリットがあるので、あなたのシミのお悩み度、性格、生活習慣などを考慮しながら、あなたにあった方法を選択してくださいね。

 

美白化粧品 しみ取りレーザー治療
シミ消しまでの時間 3ヶ月〜1年 ※個人差あり 数回〜6回 ※個人差あり
副作用 敏感肌の場合、かゆみ、肌荒れ、炎症が起こる可能性あり ・治療後、「炎症後色素沈着」という別のシミができる可能性あり。

・レーザー治療による傷跡が残る可能性あり。

治療中の痛み なし 肌をゴムではじいたような痛みがある
費用 美白美容液1本あたり5,000円〜10,000円。2.5ヶ月に1本を1年間使った場合30,000円〜60,000円。 1cm四方で、1回あたり10,000円〜25,000円 ※治療回数やクリニックによって価格が変動
アフターケア 不要 治療した箇所の保湿ケア、UVケア、かさぶたケアが必須
通院 不要 必要

 

番外編】シミをメイクで隠したい方は、こちらの記事をご覧ください→→→シミ隠しに、男性もコンシーラーを使うべき理由

知れば知るほど、ハイドロキノンでシミが消したくなる?!!世界が認めるハイドロキノンの効果とは?

ハイドロキノンは、肌の漂白剤とか、シミの消しゴムとか言われている世界レベルの美白成分。

 

うっかり増えてしまったメラニンによるシミを消す効果が、他の美白成分と比べてケタ違いなんだそうです。

 

試しに、ネットで紹介されてるハイドロキノンの治療例を探してみたところ、ハイドロキノンをぬり続けた結果、数か月でシミがうすくなったという症例をいくつも発見しました。

出典:https://www.sbc-skincare.com/contents/hidrokinon.html

 

ハイドロキノンがここまでの効果を発揮できる理由は、ハイドロキノンに、

 

  • シミの元となるメラニンを合成するチロジナーゼ酵素を阻害し、メラニンの生成を抑える
  • メラニン色素を作りだすメラノサイトの活動を弱める

 

という作用があるから。ハイドロキノンは、その強力な漂白効果のために、肌に悪いのでは?と心配になる方も多いのではないでしょうか?

 

実は、ハイドロキノンは、イチゴ、ブルーベリー、コーヒーなどにも含まれている安心の成分で、皮膚を紫外線などによる損傷からまもる作用があるとも言われています。

 

米国では、その美白効果が早い段階で認められ、皮膚の治療薬として長年高い実績をあげています。

ハイドロキノン配合の美白美容液を選ぶ時・使う時の注意点

僕は、しみ取りレーザーの痛みや副作用が心配だったので、できてしまったシミをハイドロキノン配合の美白美容液で治すことにしました。

 

ハイドロキノン配合の美白美容液ならどれも同じかな?と思っていましたが、商品を選ぶ時や使う時には、いくつか注意点があるようです。そこで、ハイドロキノン配合の美白美容液を選ぶ際の注意点をまとめてみました。

選ぶ時に気をつけたいこと

新安定型のハイドロキノンを配合した美白美容液を選びましょう

従来のハイドロキノンは、酸化しやすいため使用期限が短かったり、肌への浸透力が弱く刺激が強いなど、改善すべき点が沢山ありました。

 

新安定型のハイドロキノンは、従来のハイドロキノンが抱える問題を解消し、ハイドロキノンをより効果的で安全に使えるよう改良されたもので、敏感肌の方でも比較的安心して使うことができます。

ハイドロキノンの配合率

ハイドロキノンの配合率は商品によって異なり、1%未満のものから4%までと様々です。ハイドロキノンの配合率が高いほうが、美白効果が高いと考えられがちですが、ハイドロキノンの配合率だけで商品を選ぶのはオススメできません。

 

なぜなら、できてしまったシミを直接的に改善するのはあなたの皮膚だからです。ハイドロキノンの配合率が高いと、どうしても肌トラブルにつながりやすくなるので、あなたの肌質を考えながら、ハイドロキノンだけでなく、その他の美容成分もしっかりと確認しましょう。

顔全体よりも部分使い専用の美白美容液を選びましょう

ハイドロキノン配合の美白美容液には、顔全体用と部分使い用があります。顔全体用の美白美容液は、ハイドロキノンによる肌荒れなどの副作用を軽減するために、ハイドロキノンの効果がやさしく抑えられています。そのため、効き目も穏やか。

 

しかし、それではいつまでたってもシミは改善しません。なので、美白美容液を選ぶ時は、シミの上にピンポイントでぬれる、部分使い専用のものを選びましょう。

使うときに気をつけたいこと

ハイドロキノンをぬった後は、必ずUVケアが必要です

ハイロドキノンをぬった肌が紫外線を浴びると、肌が日焼けしやすくなったり、ハイドロキノンの効果が弱まったりすると言われています。

 

高価な美白美容液を購入しても、美白効果が弱まってしまってはせっかくのシミケアが台無しに。ハイドロキノンをぬった後は、必ずUVケアを忘れずに行いましょう。

用法容量を守りましょう

ハイドロキノンがシミに効くからといって、ぬりすぎは禁物です。いくら刺激が弱いとされている新安定型ハイドロキノンでさえ、決められた用法や容量を守らないと、肌トラブルを引き起こす恐れも。シミを消したいと焦る気持ちはわかりますが、1日の回数や適量は必ず守りましょう。

ハイドロキノン配合の美白美容液で、僕のしょうゆジミが薄くなった!

僕が選んだ美白美容液は、アンプルールのコンセントレートHQ110です。なぜ、この美白美容液を選んだのか?それは、

 

  • 新安定型ハイドロキノンを配合していたから
  • ハイドロキノンの配合率が2.5%で、敏感肌の僕でも使えると思ったから
  • 部分使い専用で、シミを集中ケアできるから
  • 夜ぬるだけなので、紫外線を気にする必要がなかったから

 

これだけの情報をインターネットから得ていた僕でしたが、高価な美容液本体をいきなり注文する勇気はありませんでした。

 

そこで、トライアルキットを取り寄せて、その効果を自分の肌で確かめてみることに。すると、たった7日間で驚くほどの効果が現れたんです。

 

 

トライアルキットの中で、最もシミへの効果が高かったのが、コンセントレートHQ110。まさか、トライアル期間の7日間で効果がでるとは思ってもみなかったので本当に驚きました。

 

トライアルキットで実感したアンプルールの実力。僕は、トライアル後すぐにコンセントレートHQ110を注文しました。

 

あれから3ヶ月。コンセントレートHQ110を毎晩ぬり続けた結果、悩んでいたしょうゆジミはほとんど目立たなくなり、最近は、歳相応どころか、若く見られることが増えましたよ。

アンプルールの美白美容液は夜だけの簡単ケア!忙しいメンズには特にオススメのシミ対策です

アンプルールのトライアルキットには、美白美容液だけじゃなく、洗顔、化粧水、保湿クリームが入っています。

全種類を試した僕の正直な感想は、全部一緒に使いたいなぁ・・・でした。それぐらい、使い心地とか香りがよくて、男の僕でもアンプルールのトライアルキットを使う時間は至福の時間でした。

 

今では、コンセントレートHQ110の美白力を信じて使い続けてよかったと、我ながら自分のシミケアに大満足。これからも、シミのないまっさらな肌を目指して、アンプルールとつき合っていこうと思っています。

 

まずは7日間。あなたの肌で、その効果をじっくり確かめてみてください

→アンプルール ラグジュアリーホワイト公式サイトはこちら

 

Q&Aコーナー

Q. ハイドロキノンは安全なの?

A. ハイドロキノンは、強力な美白成分ではありますが、多くの医療機関でシミの治療時に処方されている成分なので、安全性に問題はありません。ただ、まれにかぶれやかゆみなどの症状が出る場合があります。症状に個人差があるため、同じような症状を感じた場合は、使用をお控えください。

Q. ハイドロキノン入りの化粧品は、美白に効果的なの?

A. ハイドロキノン入りの化粧品は、皮膚の表皮にできた紫外線を原因とする老人性のシミに、特に効果的と言われています。ハイドロキノン入りの化粧品でシミが薄くなったなどの症例が数多く報告されており、ハイドロキノン入りの化粧品は、美白に効果的な化粧品と考えられます。

Q. ハイドロキノン入りの化粧品は、使い続けるべき?

A. シミが薄くなり、目立たなくなったら、ハイドロキノンは一旦お休みで大丈夫です。ただし、美白ケアを止めてしまうと、せっかく薄くなったシミが再び復活する恐れがあります。ハイドロキノン入りの化粧品を、一般的な美白化粧品に変えて、美白ケアは継続しましょう。

Q. 敏感肌ですが、ハイドロキノンを使っても大丈夫?

A. 敏感肌の方がハイドロキノンを使う場合は、まずは医療機関へご相談ください。ハイドロキノンは強い美白作用があるため、肌荒れを悪化させる可能性があるので、使用には十分お気をつけください。

Q. ハイドロキノンを使ってますが、効果が感じられません

A. シミにとても有効なハイドロキノンですが、効果が現れるまでには個人差があります。まずは、3ヶ月続けてみて、もしシミに変化が見られないなら半年、1年と続けてみましょう。その場合、ハイドロキノンのケアだけでは不十分なので、毎日のUVケアや保湿ケアもあわせて続けてみましょう。