美容液をつける時、「化粧水で肌を整えた後に・・・」って言葉をよく目にします。

 

それは、化粧水が、美容液の有効成分を肌に浸透させるための、いわば呼び水のような役割をしてくれるから。

 

つまり、何もつけていない洗顔後の肌に美容液を直接つけるより、化粧水で肌を整えた後に美容液をつけたほうが、

 

有効成分の浸透力が断然高まるんですね。

 

★化粧水は、肌を保湿してくれるだけじゃなかった?!!

↓ ↓ ↓

メンズのしみは化粧水で予防できちゃうって知ってた??

男性のシミケアには、市販の化粧水がピッタリな理由

市販の化粧水はスキンケアの強~い味方だった?!!

僕が、なんでこれほどまでに市販の化粧水を推してるのか?

 

その理由は、安いから。

 

だって、シミ消しに使う美白美容液って結構高くないですか?

 

1本5,000円で、1.5ヶ月使える美容液なら、1ヶ月あたり約3,400円もかかっちゃいます。

 

これに、洗顔料、化粧水、日焼け止めとかのスキンケアアイテムをあれこれ追加すると、あっという間に

 

金ケツ状態に・・・

シミを効率よく消したいなら、美白の役目は美容液に任せて、それ以外のコスメは、プチプラだけど使えるアイテムを揃えたほうが、

 

お金の心配なくスキンケアを続けていけますよ。

 

★男性向けの化粧水じゃないとダメなの?

↓ ↓ ↓

「男は、男向けの化粧品を選ばないといけない。」は大ウソだった?!!

数が多すぎてわかんない!市販の化粧水ってどう選んだらいいの?

化粧水って、とにかく数が多くて、どれを選べばいいのかさっぱりわかんない・・・

 

そんな時、僕は、性別に関係なく、化粧水の容器に、「シミ」とか「美白」とか表示されてて、1,000円前後で買えるものを選ぶようにしてます。

 

もし、女性用の化粧水はちょっと・・・って思ったら、男性用の保湿化粧水でも全然OK。

 

シミの美白は、美容液に任せるつもりだから、肌の保湿さえできれば、ぶっちゃけヘチマ水とかでも大丈夫。

 

ただし、選んだ化粧水が肌に合わないときは、すぐに使用を止めて、別の化粧水を探しましょう。

 

★1つの化粧品にこだわりすぎない工夫が必要です

↓ ↓ ↓

男のシミ取りに美白クリームをオススメするワケとは?

市販の化粧水は、肌が変わり始めたタイミングで見直そう

僕は、化粧水を滅多に変えません。理由は、

 

・考えるのが面倒だから

・肌の調子がわかりやすいから

 

今は、夏と冬に愛用してる化粧水が1種類ずつあって、足りなくなるとリピート購入してます。

 

僕が化粧水を選ぶ時の条件って

 

■ 値段が安い

■ 保湿力があるか

■ 肌に合うか

 

と、たったこれだけ。

 

この条件にぴったり合う化粧水が見つかったら、しばらくは浮気しません。

 

なぜって、僕が化粧水に求めてる役割って、製肌(肌を保湿して整える)だけだから。

 

僕が選んだ化粧水に、美白効果とかアンチエイジング効果とかがあったら、ラッキー!!とは思うけど、基本、化粧水って、

 

シミ消しという目的をはたすためのサブ的な役割

 

だと思ってるから、化粧水には多くを求めてないんです。

 

あなたに合う化粧水が見つかったら、それをぜひ使い続けてみてください。いつもの化粧水を使っているのに、肌の乾燥や肌荒れが長引くなら、

 

化粧水の変え時。

 

新たなスキンケアのおともを探して、シミ美白を成功させましょう。

 

★化粧水を選んだ後は、究極の美白美容液を探しに行こう!

↓ ↓ ↓

男性必見!歳を重ねる前に押さえておきたいシミ専用美容液とは?