UVケア

メンズのシミは増やさない!不快感を感じさせない日焼け止めの選び方

はじめまして、シミ取りマスターのケントです。

シミの最大の原因は紫外線。紫外線さえ防ぐことができれば、将来的なシミを予防することは可能です。

男性は、日焼け止めに対して抵抗や不快感を覚えやすいのですが、将来、シミだらけのおじいちゃん顔を防ぎたいなら、そんなことを言っている場合ではありません。

そこで、この記事では、日焼け止めによる不快感をなるべくゼロに近づけてくれる日焼け止めの選び方をご紹介します。

さっそく、アナタにピッタリの日焼け止めを探してみましょう。

たかが日焼け止め、されど日焼け止め

日焼け止めは、選ぶのが意外と難しいアイテム。それは、日焼け止めによって使い心地が全く違うからです。

日焼け止めの使い心地が悪いと、途中で使うのが嫌になり、結局使わなくなってしまう可能性大。

そんなことにならないためにも、日焼け止めを選ぶ時は、SPFの数以外の要素にも気を配りましょう。

日焼け止めに不快感を感じるポイント

僕は、普段からスキンケアをしていて、顔に何かを塗ることには慣れているつもりですが、日焼け止めだけは未だに心から受け入れることができません。

それくらい、日焼け止めは不快感を感じやすいのです。そこで、日焼け止めに不快感を感じるポイントをまとめてみました。

  • つけた感じが重い
  • 白浮きする
  • ベタつく
  • 乾燥する
  • 肌荒れする

”赤ちゃんにも使える”と書いてあるのに、不快感を感じる日焼け止めもあり、これ本当に子供向け?と、疑問を感じたこともあります。

日焼け止めに不快感を感じる理由。それは、つけた感じが重くて肌に負担を感じやすいからだったのですね。

男性にオススメしたい日焼け止めの条件とは?

日焼け止めを心から受け入れるには、日焼け止めによる不快感を少しでも取り除かなければなりません。

そこで、男性が抵抗なく使える日焼け止めの条件をピックアップしてみました。

  • つけた感じが軽い
  • 白浮きしない
  • ベタつかない
  • 保湿効果が高い
  • 肌にやさしい
  • 汗や水に強い
  • 石鹸でスルンと落とせる

以上の条件をふまえると、つけ心地が最も軽いウォーターベースタイプの日焼け止めが男性には最もオススメだと思います。

最近は、軽めのつけ心地でも保湿効果美肌効果が高い日焼け止めが多いので、アナタの肌でぜひ試してみてください。

日焼け止めを選ぶ際は、必ずテスターを利用して、使い心地を試してから購入するといいですよ。

まとめ

日焼け止めは、600円前後~と決して安くはないので、せっかく買ったのに使い心地が悪いと凹みます。

逆に、とっても軽く、使いやすく、紫外線をガッツリ防いでくれる日焼け止めに出会えたら、UVケア習慣が無理なく定着するでしょう。

とはいえ、そんなに簡単に自分好みの日焼け止めが見つかれば苦労はしませんよね・・・。

日焼け止めは、毎年進化しています。なので、毎年新商品を試すことが大切。

日焼け止めに求める条件を参考に、ストレスフリーな日焼け止め習慣でシミを防ぎましょう。

テキストのコピーはできません。