シミの最大の原因は、紫外線と言われてます。

 

紫外線を防ぐことさえできたら、できてしまったシミをそれ以上増やさなかったり、将来的なシミを予防したりすることが可能。

 

日ごろ、顔に何も塗っていない男性が、日焼け止めを塗ることに抵抗や不快感を覚えるのも仕方がないのかなとは思いますが、

 

将来、シミだらけのおじいちゃん顔を防ぎたいなら、そんなことを言っている場合じゃありません。

 

今すぐ、あなたにピッタリの日焼け止めを探してみましょう。

 

★UVケアはこんなに大切なんです

↓ ↓ ↓

男性は30代からシミ予防を始めないと大変なことになりますよ

メンズが使わずにはいられない!日焼け止めの選び方

「たかが日焼け止め、されど日焼け止め」です

今や、日焼け止めは、スーパー、薬局、コンビニなど、どこでも手に入る時代。「便利な世の中になったな〜」と思いきや、日焼け止めって選ぶのが案外難しいアイテムなんですよね。

 

それは、日焼け止めによって、使い心地が全然違うから。

 

日焼け止めの使い心地が悪いと、途中で使うのが嫌になって、結局使わなくなってしまう可能性大です・・・

 

そんなことにならないために、日焼け止めを選ぶ時は、SPFや+の数以外にも気を配るといいですよ。

日焼け止めに不快を感じるのはどんな時?

僕は、普段からスキンケアをしてるから、顔に何かを塗ることには慣れているつもりだけど、日焼け止めだけは、未だに、心から受け入れられなくて・・・

 

そこで、「日焼け止めに不快を感じるのはどんな時?」って、考えてみました。

 

■ つけ心地が重い

■ ベタつく

■ 乾燥する

■ 肌荒れする

■ 石鹸で落とせるって書いてあるのに、ヌルヌルして全然落ちない

 

ざっと、こんな感じです。

 

赤ちゃんにも使えるって書いてあるのに、不快を感じる日焼け止めもあって、子供には絶対に使いたくないな・・・と、思ったこともあります。

 

★日焼け止めは肌荒れしやすい?!!

↓ ↓ ↓

メンズのシミは肌荒れが原因だというお話

男性にオススメしたい日焼け止めの条件とは?

こんなワケで、毎年初夏になると、自分の好みに合う日焼け止めを求めて、薬局へ向かう日焼け止めジプシーの僕が、

 

男性のあなたへオススメしたい日焼け止めの条件がこちらです。

 

■ 汗や皮脂に強い

■ 白浮きしない

■ サラサラで軽い

■ 肌にやさしい

■ 石鹸で「スルン」と落とせる

 

せっかく買ったのに、使い心地が悪いと凹みますよね。

 

逆に、とっても軽くて使いやすくて、ちゃんとと紫外線を防いでくれる日焼け止めに出会えたら、毎日のUVケアが抵抗なく続けられると思います。

 

とはいえ、そんなに簡単に自分好みの日焼け止めが見つかれば、僕も毎年こんなに苦労してないんだけど・・・。

 

明日のシミを増やさないために、あなたにピッタリな究極の日焼け止めがいち早く見つかりますように!