美白

男性必見!歳を重ねる前に押さえておきたいシミ専用美容液とは?

シミに効く美白成分といえば、ビタミンCが有名だけど、他にもシミに有効な美白成分って沢山あるんです。

特に、各化粧品メーカーが独自に開発した成分は、「独自成分」と呼ばれてて、美白業界でも常に注目の成分なんですね。

そこで、化粧品メーカーが事業存続をかけて手掛けてきた独自成分を、惜しげもなく配合した美白美容液の最新情報を調べてみました。

シミだらけの老人肌になる前に、肌に美白成分をどんどん取り込んで、これからは、充実した美肌生活を送りませんか?

最新美白美容液を、キャッチコピーと一緒に並べてみた

美容液の成分や効能を並べても結局よくわからないですよね・・・

なので、話題の美容液を、キャッチコピー価格(ネット価格)と一緒に並べてみました!

エッセンス インフィルト

「澄みきる美。輝く美。」

富士フィルム 6,000円前後

ジェノプティクス オーラ エッセンス

「オーラ美白へ、スイッチオン。」

SKⅡ 17,000円前後

HAKU

「シミの記憶をゼロ化へ」

資生堂 8,500円前後

美白美容液ET

「シミの原因作らせない。

「未然」に防ぐ美白。」

花王ソフィーナ 5,000円前後

ホワイトジェネシス

「40代からの新しい美白美容液。

「広がり続けるメラニン」の

モトにアプローチ。

芯から、深く、澄みわたる肌へ。」

アテニア 5,000円前後

ホワイトショット

「発想の転換。

世界でひとつの美白メカニズム。」

POLA 14,000円前後

ホワイトフォトショット

「定着シミの根源に、ショット美白」

ロート製薬 15,000円前後

ホワイトロジー エッセンス

「効く美白」

サンスター 10,000円前後

メラノショットホワイト

「シミのもとを無色化」

コーセー 5,000円前後

※あいうえお順です

美容液の効果は、ぶっちゃけ価格と比例してます

美白美容液って、安いものから高いものまで沢山あります。

美白美容液は、何か月も使い続けないと効果が実感しにくいから、あまり高額な美容液には手が出しにくいですよね。

でも、美容液の効果は、価格と比例してます。

それは、各化粧品メーカーが総力をあげ、莫大な時間と費用をかけて研究してきた独自の美白成分を配合した美容液が安いわけがないからです。

美容液の価格差って、使い心地にもハッキリと表れます。

試しに、ドラッグストアとか売ってるプチプラの美白美容液と、先ほど紹介した美容液の使用感を比べてみてください。違いがよ〜くわかると思いますよ。

美白美容液って、何を基準に選べばいいの?

先ほど紹介した美容液は、各化粧品メーカーが独自開発した美白成分を含んでて、事業規模や広告数など各社バラバラだから、単純な比較ができません。

なので、まずは、キャッチコピーやパッケージデザインなど、あなたのインスピレーションで美白美容液を選んでみましょう。

僕は、広告費などの販管費が抑えられてる通販商品が大好き。コスパもよくてオススメですよ。

美容液をゲットしたら、化粧品メーカーが推奨する使用期間、1日の使用回数、1回の使用量を必ず守り、毎日の美白ケアをちょっと贅沢に楽しんでみましょう。

テキストのコピーはできません。