UVケア

30代からの日焼けはマジやばい?!!男性も未来へのシミ対策を!

はじめまして、シミ取りマスターのケントです。

シミの直接的な原因の8割紫外線と言われています。

つまり、紫外線さえ防ぐことができれば、将来できるシミの8割は確実に防ぐことができるのです。

シミは、できるのは簡単ですが、できてしまったシミを消すのは本当に大変。

しかも、顔にシミが1つあるだけで、老けて見えたり不潔に見えたりと、精神的なダメージが思いのほか大きいのです。

そこで、この記事では、なかなか日焼け対策に踏み切れないアナタに、

「ヤバっ!日焼け止めは絶対塗らなきゃっっ!!」

と、焦っていただける情報をお届けします。

日焼け対策は1日でも早くが肝心。将来のシミ肌を作らせるか作らせないかは、アナタ次第ですよ。

シミができている人を観察してみよう

家族、友人、会社など、アナタの周りでシミができている人はいませんか?

その人は、どんな生活を送っていますか?

毎日遅くまで残業をしていたり、飲み歩いたりしていませんか?

休みの日は、ゴルフやハイキングなど、アウトドア三昧ですか?

ストレスはどうですか?重い責任がのしかかる立場の人ですか?

いつも不満ばかり言っていませんか?暴飲暴食をしていませんか?

性格や容姿はどうですか?せっかちですか?デスクは汚いですか?洋服はヨレヨレですか?

人間観察好きの僕の経験から言わせていただくと、40代や50代を過ぎても、こうした条件に当てはまる生活を送っている人は、男女を問わず、

顔に大きなシミができています(;´゚д゚`)

ところで、アナタは、いくつ当てはまりましたか?

紫外線はシミだけでなくシワも増やす

紫外線がシミの原因になる理由は、メラニン色素を発生させるだけではありません。

紫外線を浴びると、肌の水分が蒸発して皮膚の乾燥が進みます。乾燥した皮膚は、肌ダメージを修復する力が弱まり、シミができやすくなります。

乾燥した肌は、シミだけでなくシワの原因に。つまり、紫外線によるダメージは、肌を確実に老化させるのです。

僕の親父は釣り好きで、20代から60代の今まで、暇な日は必ず釣りに出かけます。もちろん、日焼け止めを一度も塗ることなく何十年も太陽の光にさらされ続けています。

その結果、まだ60代後半なのに、顔は乾燥してシミ・シワだらけ。

何もケアをせず紫外線を浴び続けると、肌の老化が加速して、10歳は老けて見えるんだなぁ・・・と、親父の顔を見る度に日焼け対策の重要性を思い知らされます。

僕は、親父のような老け顔には絶対になりたくないので、自分の頬にシミを見つけてからというもの、毎日欠かさずUVケアをしています。

アナタはいつまでシミのない肌でいたいですか?

真面目にUVケアを続ければ、いくつになってもシミやシワのない若見え肌をキープすることは十分可能。

アナタは、何歳までシミのない肌を保ちたいですか?

シミができてしまったり、美白ケアをしているのにシミが中々消えなかったりと、先の見えない不安に押しつぶされそうになることもあります。

でも、スキンケアを真面目に続けていけば、50代、60代と、必ず結果として現れてきます。

同年代の男性のジジイ化が進んでいる時に、アナタの肌だけはずっと40代に見えていたら?考えるだけで、ちょっとワクワクしませんか?

「70歳まで、シミ・シワのない肌を保つぞ!」と目標を立てて、日課にUVケアを積極的に取り入れましょう。

まとめ

いかがでしたか?

年齢を重ねてからの日焼けは、将来のシミだらけ肌を約束されたも同然。

いつまでも、みずみずしいシミ無し肌をキープしたいなら日焼け対策は万全にすべきです。

とはいえ、女性でも根気がいる日焼け対策。男性が続けていくには相当な覚悟が必要です。

まずは、顔から。皮脂や乾燥も一度にケアできるメンズ用の日焼け止めで、周りの男性に肌で差をつけましょう。

おすすめのメンズ用日焼け止めクリームはコチラで紹介しています。

 

テキストのコピーはできません。